ほうれい線が出来てしまうと年齢よりもずっと老けて見られてしまいます。鼻の横から口にかけて線が出来るだけでだいぶ印象が変わるんですね。

そんなほうれい線対策のために、色々な化粧品を使ったりしていると思います。そんなほうれい線が出来てしまう原因について解説していきます。

 

ほうれい線ができてしまう原因とは?

ほうれい線が出来てしまう原因は、色々とあります。若いときにほうれい線ができてしまう方と40代以上でできてしまうほうれい線には違いがあります。

若いときにほうれい線が出来るのは、真皮の構造が壊れてしまいそのため角質層が乱れてしまいほうれい線ができてしまう事があります。

それは、真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが老朽化してしまうからです。一度老朽化してしまうと肌のように回復したりしないのでそのまま弾力のない成分のままになってしまいます。

40代のように年齢による物もあります。頬がたるんでしまいその陰になってほうれい線ができてしまう事があります。

つまり、表情筋が衰えてくれるので筋肉が頬を支える事ができないのが原因になっています。年齢によっても対策が変わってくるわけです。

20代女性のほうれい線を解決するには?

20代女性の場合は、表情筋の衰えはあまり考えられないので肌のサイクルに問題があり、乾燥や保湿不足ではないかと思います。

そこで、普段使っている化粧品を変えてみると良いです。化粧品で結構変わってくると思います。

特に、真皮のためには線維芽細胞を活性化させるGABAは重要な成分の1つだと思います。

線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチンなど再生する能力がない美容成分を産生していくので若い女性にはこの線維芽細胞が重要です。

ほうれい線にお勧めの化粧品

 

40代女性のほうれい線対策

40代、50代になってくると表情筋は衰えてきます。その衰えにより表情筋が落ちてほほを支える事ができなくなってしまうわけです。

だから、表情筋を鍛える事で頬を支える事が出来るのでほうれい線が消えてくる事もあります。

有名な物であれば、ベロ回し体操やペットボトル体操などがあります。実際にネットで調べてやってみてください!