日本で腋臭だと白い視線を当てられてしまいますよね。でも、欧米ではワキガの人がほとんどでそこまで気にする必要がある事でもない状態なのかもしれません。そもそも、欧米人の食生活がワキガの臭いになっているアポクリン汗腺を活発化させる食べ物です。そのため、分泌量が多くなってしまうので臭いがきつくなってしまうんです。

日本も以前は醗酵食品など和食がメインだったのに食の欧米化が進み日本人もワキガの人が以前よりも増えてしまったのかもしれません。アポクリン汗腺は、誰にでもあるのではじめは臭いが強くなかったのに食生活の変化からワキガになってしまう人も少なくないのかもしれません。

つまり、ワキガになってしまうのは、食生活の変化です。もちろん、産まれながらにしてアポクリン汗腺の本数が多くさらに多汗症であると臭いが酷くなります。多汗症だからワキガというわけではないので、勘違いしないでください・

ワキガ臭がしてしまう理由とは?


ワキガの原因となっているのはアポクリン汗腺です。アポクリン汗腺は、生まれながらにして決まっており食生活によって増えたり減ったりする事はありません。このアポクリン汗腺は、脂質やアンモニアなどできています。分泌された物質が表皮に行き、表皮に存在している常在菌が分泌物を分解する事によって臭いを発します。

それをエクリン汗腺から発生した汗が混じりそれが広がってしまい臭いが広範囲にわたってしまうんです。だから、多汗症の人は汗で臭いの素が広がりやすくなってしまうのでより悪臭を放ってしまう可能性が高いです。

そうなっては、電車や車内などの密閉された空間では臭いが酷い事になってしまい周りに迷惑をかけてしまいます。人によっては、会社の職場の人にも迷惑をかけているかもしれません。

白い目で見られたり、影で臭いがきついよね(笑)と言われているかもしれません。それが原因で職場の人間関係が上手くいかない人もいると思います。

ワキガは自覚症状がない人が多いのでセルフチェックをした方がいいです。周りにちょっと脇の臭いを指摘された事がある人はちょっとセルフチェックをした方が良いです。

セルフチェックの項目
・耳垢が湿っている
・洋服やシャツの脇が黄ばんでいる
・脇汗をかきやすい
・アルコールやタバコが大好きな人
・脇にの臭いについて指摘された事がある

どうですか?そのくらいの数がありましたか?3つ程あてはまるのであればかなりヤバいと思います。だから、しっかりとケアをする必要があると思います。腋臭の臭いを抑えるためには食事からの改善が必要ですが、急には無理ですよね?

だから、ワキガ対策クリームを利用する必要があるんです。

ワキガクリームを選ぶときの注意点

ワキガクリームを選ぶときは、配合されている成分をしっかりと確認する事です。臭いを抑えるための成分が配合されていかったら意味がありませんからね。

どの程度の時間まで効果が持つのか?塗ってから2、3時間で終わってしまうのであれば、1日に何度も塗る必要があり仕事をしている人にとってはかなりしんどい結果になります。朝に塗って夜まで効果が持続するものが良いですね。

後はコスパです。効果がいい物は値段も高くなるので経済的に負担をかける事になります。だから、年間通してしっかりと始められる物が良いですよね。高すぎても続けられないのであれば、意味がありませんからね。効果に心配がある方は、返金保証が付いているものを選んだ方が良いです。

今なら返金保証を付けている物も多いのでお勧めなんです。私も購入したのは、返金保証付きの商品です。実際には返金していませんが、安心感があるのでとてもいいですよ!

ワキガ対策にはワキガクリームがお勧め

ワキガクリームは制汗クリームとしての役割もありますが、臭いを抑えるための成分がしっかりと配合されています。有名なのが菌の繁殖を抑えるシメン-5-オールや汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

もちろん、柿タンニンも配合されているので臭いを抑える事が出来るわけです。お勧めなのが、ノアンデやクリアネオという商品です。

市販で購入するよりも割高でその分臭い対策をするにはもってこいです。初めは、市販の物を使ってみて臭いがとれないかったり周りから白い目で見られたら通販でしか購入できないものを使ってみましょう。

ワキガ対策クリームが欲しい方はこちら

臭いを気にしたくない人は、ワキガ手術しかありません。ですが、ワキガ手術にもデメリットがあるので注意が必要です。手術したのにも関わらず臭いが残ってしまうことだってあるんです。

ワキガ手術をしたい場合は、メリットとデメリットをしっかりと把握してから行うようにしないと損してしまう事になります。せっかく、ネットがあるのでワキガ手術についてしっかりと調べてから行うようにしましょう。

後悔してからでは本当に遅いですかね。